プロの主婦になりたい

家計管理やポイ活などを学んで、主婦のエキスパードになりたい人のブログです。

嘔吐恐怖症だけど妊娠した私の妊娠記録ー妊娠中期ー

f:id:mtoki:20190917141641j:plain


こんにちは!トキです


妊娠5ヶ月から妊娠中期、いわゆる安定期と呼ばれる時期に入ります。

つわりが治まる人も多い時期で、わたしのつわりも治まってきた頃です。
なので、嘔吐恐怖症というのはあまり関係なくなり、ただの備忘録のような妊娠記録です。

妊娠16・17・18週-元の生活に戻り始めるが、強烈な眠気に悩まされるー

まだ嗚咽は続いています。
ハミガキもまだつらいです。

16週頃から、料理もそれなりにするようになります。

生活は元に戻りつつありますが、強烈な眠気で一日中寝ていました。


  • 7時半に夫を見送るために起きる
  • 洗濯など、簡単な家事を終えて9時から昼まで寝る
  • 昼食を食べた後、14時以降2時間ほど寝る
  • 20時くらいに眠気の限界が近づくが、夫の帰宅を待つ
  • 夫と過ごすため眠気を22~23時まで何とか耐えて、就寝


こんなに寝ていましたが、寝ていない時間もずっと眠かったです。
夫を見送るための起床もできず、ベッドから見送る日がほとんどでした。
夫はゆっくりして欲しいと言ってくれ、家を出るより前に起こすようなこともせず、ホントできた夫に感謝です(´;ω;`)


1日の中で「これをやる!」と決めていても、強烈な眠気で何もできず寝るしかなく、自分の体と頭がバラバラになってしまったような感じで、寝ることが何より好きなわたしでもつらかったです。

寝るのを我慢していると、ひどい頭痛で結局何もできない上に更につらくなる為、寝るのが1番効率よく過ごせる方法ではありました。



わたしは12週くらいから、「もしかして胎動?」と思うようなお腹の違和感がありましたが、
16週くらいで確信できるようになりました。
日が過ぎるごとに胎動がはっきり大きくなっていき、嬉しかったです(*'▽')

妊娠19週ーお腹全体が苦しく、起きていられないこともー


19週に入ったばかりの頃、食欲もなく食べる量も普段の3分の1以下くらいになりました。
お腹全体もなぜか苦しくて…臓器全部が膨張しているような感じです。

胎動は問題なくあったので、心配はしていませんでしたが、
とにかく苦しくてうずくまってしまったり、起きていられないこともありました。

19週の内に2日間くらいの短い期間でしたが、いつ終わるかわからないし、検索しても類似例が見当たらず不安でした。


妊娠してすぐに買っていたオーガニックの生葉ルイボスティー
結局、つわりの時期には受け付けず飲むことができませんでしたが、ようやく飲めるように(笑)
ルイボスティー独特のクセがないので飲みやすく、おすすめ!


妊娠20週・21週ーつわりが完全に終わるも、円じん帯痛?激痛!-


20週は問題なく、眠いだけで元気に過ごしていました。
寝る時間も少しだけ減り、午後の昼寝はしなくても大丈夫になりました。

20週では1日に数回えずいていたものの、21週で完全になくなりました!
つわりの完治です(笑)

この嗚咽だけは妊娠中ずーっと続くんだろうなと諦観していたので、嬉しかったです(^▽^)


しかし21週で、子宮の下のほうが激痛で起きれない日が2日続きました。
起きてもまっすぐ立てないくらいの痛みでした。
1日中痛むわけではなく、数時間休んでいればなんとか治まりました。

胎動があったのと、場所的に円じん帯痛というやつだと思ったので病院へは行きませんでした。
陣痛はこれより痛いんだよなぁと、しみじみ思いました(^-^;

22・23・24・25週ー経過は順調だけど、睡眠に関する悩みが深刻にー


f:id:mtoki:20190917141625j:plain


今までで一番体調が安定していた時期です。
元々頭痛持ちなので、ひどい頭痛があれば1日寝込んでしまうような日はたまにありましたが、それ以外で気になることはなかったです。

おりものが少し増えた気がして検診の日に相談し、おりもの検査しましたが、問題はなし。
おりものが黄色かったり、においが強くなったら早めに受診を、とのことでした。


しかし、この頃から夜眠れなくなってきました。
ものすごく眠いのに、いざベッドに入ると眠れない、という感じです。


ベッドに入るまでは寝落ち寸前なくらい睡魔に襲われているのに、
なぜかベッドに入ると変に頭が冴えてしまって眠れません。


23時にベッドに入って3時くらいまでは起きていました。

寝るときの体勢も、どの格好が良いかわからなくて何度も寝返りを打ってしまいます。
抱き枕は必須になっていました。


そんなこんなでまた朝起きれなくなり、夫をベッドから見送る日々…。
夫に挨拶したのか記憶にない日もありました(^-^;
帰宅した夫に確認すると、「行ってらっしゃい」「気を付けてね」の二言は言っているらしいです。


夫はアラームのスヌーズを3回かけていて、起きているときに聴くとなかなかの音量なのですが、わたし、まったく起きないです…。
このアラームで起きないおかげで、夫も「これはやはり通常の眠気とは違う」と感じていたそうです(笑)
本当に、理解のある夫で助かりました。
自分でも、この睡眠・眠気に悩む生活がつらくて嫌気が差しているのに、もし夫に責められたりしたらたまらないと思います。

26・27週ー常に胃もたれ感あり。食欲のない日もー


26週の後半から、いつものように食べると、食後の胃もたれがひどかったです。
で、しばらくは動けなくなりため息がたくさん出ました(笑)

胃が圧迫されているため、少しずつ食べないといけないと夫に注意されるものの、
食べているときは普通に食べれちゃうので、あとで後悔していました(^-^;


その内、朝から胃もたれ感があって苦しい感じが1日続き、日によっては食欲がなくなってきました。
しかし、24週の検診から26週の検診までの間に体重が1kg増えてしまい、助産師さんに注意されていたのでちょうど良いと思っていました(笑)

ただ、食べられない状況に陥るとわたしのメンタルは崩壊していくのです…。
1日元気が出ない、何もする気が起きないような、つらい日もありました。

日によっては胃もたれ感があっても普通に食事はできたりと、よくわからない体調でした。
でも体重を注意されたこともあり、基本的には腹8分目を意識していました。
食べた直後は良くても、数時間経つと空腹でつらかった…(´;ω;`)


アーモンドは小腹が空いたときに良いので、毎日ポリポリつまんでました。
1日20粒くらいが良いらしいので、小分けにして食べ過ぎ防止の工夫もしています。
だって美味しくって我慢するの難しい。

26週の検診時には「貧血治療ギリギリ」と言われ、食生活の改善も指導されました。
1ヶ月は食事を見直して、もう1度血液検査をして数値が下がっているようであれば、貧血治療を開始しなければいけないよと言われました。

スープだと栄養が無駄なく取れるので、小松菜やほうれん草のお味噌汁をほぼ毎日摂取しています。